人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

野鳥の居る風景写真

2006年12月4日に撮影した野鳥の居る風景写真です。トビが小さく写っています。撮影した場所は南さつま市坊津町です。車で林道の行き止まりまで行って、さらに徒歩で一山越えての撮影場所です。風景写真を撮影していた頃のお気に入りの撮影場所でした。此処からは枕崎市の立神が見え、開聞岳まで背景に入ります。此処で撮影するカメラマンは誰一人としていません。最高の眺めです。野鳥撮影をする様になって風景の中の野鳥を撮影しようと当時は何回も撮影に行きました。が、思うような撮影は出来ませんでした。


野鳥の居る風景写真_a0382054_21365602.jpg

今年の春に久しぶりに撮影に行ったのですが林道が荒れていて通行できませんでした。かなりの距離を歩いて更に一山越えるほどの体力はありません。トビでもミサゴでも良いのでこの風景に鳥を大きく入れて撮影したかったのですが諦めました。

by jq6lqr | 2019-10-31 00:01 | 野鳥

ヨシゴイ

10年28日の南日本新聞に「かごしま鳥紀行 123」が掲載されていました。取り上げた野鳥はヨシゴイでした。ヨシゴイは本当に小さなサギです。何回か観察しているのですがフィールドスコープでようやくヨシゴイと判る距離でした。1回だけ30mほどの距離で撮影できました。2007年5月31日に南さつま市加世田で撮影しました。新聞の記事にあったように小魚を狙ったとき首が伸びました。


ヨシゴイ_a0382054_20304338.jpg


ヨシゴイ_a0382054_20310509.jpg

by jq6lqr | 2019-10-30 00:00 | 野鳥

ハクセキレイ

10月27日に撮影したハクセキレイです。10年ぶり位にハクセキレイが集まる電柱で撮影しました。夜に撮影したのですが一晩中ここに居るのかは判りません。10年前と比べるとハクセキレイは半分位になっています。


ハクセキレイ_a0382054_22140442.jpg


ハクセキレイ_a0382054_22142362.jpg

by jq6lqr | 2019-10-29 14:35 | 野鳥

スズメ

2009年10月18日に南さつま市で撮影したスズメです。セイタカアワダチソウが黄色くなり始める頃にノビタキが渡って来ます。この日はノビタキが居なかったのでしょうかスズメを撮影しています。


スズメ_a0382054_20155481.jpg

by jq6lqr | 2019-10-29 00:06 | 野鳥
10月25日に撮影した亜種コシジロオオソリハシシギです。識別の決め手となる腰の白色を撮影できました。


亜種コシジロオオソリハシシギ3_a0382054_00043403.jpg

亜種コシジロオオソリハシシギ3_a0382054_00050046.jpg

亜種コシジロオオソリハシシギ3_a0382054_00053206.jpg

この個体は羽繕いをしてくれないので腰を撮影できませんでした。吹上浜海岸に飛んで来て、降りて、接近して飛ばれた一連の画像です。この画像で亜種コシジロオオソリハシシギと同定しても良いのではと思いました。

by jq6lqr | 2019-10-28 00:06 | 野鳥

続ムギマキ

ムギマキの雄第1回冬羽と思われる個体です。2012年10月27日に撮影しています。オス成鳥ばかり狙わないで若鳥も撮ったら良かったとこの画像を観て思いました。


続ムギマキ_a0382054_20032793.jpg

続ムギマキ_a0382054_20030826.jpg

by jq6lqr | 2019-10-27 00:00 | 野鳥

ムギマキ

今季は南薩ではヒタキ類が少ないようです。鳥友や知人は県内の他の場所で例年どおり観察しているので私のフィールドだけのことのようです。ムギマキ雄成鳥を数年間、観察していません。2015年11月に撮影したムギマキ雄です。このムギマキ雄が最後の撮影になっています。今季は撮影したいものです。



ムギマキ_a0382054_20024256.jpg


ムギマキ_a0382054_20020275.jpg



by jq6lqr | 2019-10-26 00:00 | 野鳥
10月22日に超早場米の田んぼで鳥友がホオジロハクセキレイを撮影しました。鹿児島では毎年、春に観察されるのですが秋の確認は稀です。メールに添付された画像は背が灰色なので亜種シベリアハクセキレイの可能性はないでしょうかとありました。画像を拝見すると背に黒い羽が少しあります。残念ながら亜種シベリアハクセキレイではなかったです。
2006年3月24日に撮影した亜種シベリアハクセキレイです。


亜種シベリアハクセキレイ_a0382054_21363620.jpg


亜種シベリアハクセキレイ_a0382054_18314542.jpg

鳥友が添付した亜種ホオジロハクセキレイ1wと比べると背の灰色が明るくて黒い羽がありません。

by jq6lqr | 2019-10-25 00:00 | 野鳥

マミジロ

南さつま市の金峰山登山道の道路脇にあるカラスザンショウに今季もメジロやキビタキやマミジロが来ているようです。10月22日に撮影に行った鳥友はキビタキ雌とマミジロ雄若鳥とほぼ雄成鳥を確認したそうです。私も何回か行ったのですがメジロの群れとキビタキ雌2羽を観察しています。此処に来る鳥友や知人が一番撮影したい野鳥はムギマキ雄とマミジロ雄だと思います。キビタキとオオルリは撮り飽きるほど此処で撮影しています。
2015年10月17日に撮影したマミジロ雄です。此処で撮影したマミジロが写真集「日本の美しい色の鳥」に掲載されました。此処を最初に見つけたことへの御褒美だったのでしょう。


マミジロ_a0382054_18443737.jpg

by jq6lqr | 2019-10-24 00:00 | 野鳥
10月22日に吹上浜海岸で17日に万之瀬川河口でオバシギと一緒に観察したオオソリハシシギ2羽を撮影しました。17日に撮影した画像から1羽が亜種コシジロオオソリハシシギだと同定しました。上背まで白いので簡単に識別しました。鳥友も観察して亜種コシジロオオソリハシシギだと同定しています。17日の画像では誰もが亜種コシジロオオソリハシシギと同定すると思います。ところが22日に撮影した画像では亜種コシジロオオソリハシシギと同定して良いのか判らなくなりました。先ずは其の画像です。上の個体が亜種コシジロオオソリハシシギと同定した個体です。上背まで白いのですがネットで拝見した多くの個体と比べて白色が少ないようです。亜種コシジロオオソリハシシギとして良いのかもう少し検討しようと思います。


亜種コシジロオオソリハシシギ2_a0382054_22092958.jpg

右の個体が亜種コシジロオオソリハシシギと同定した個体です。

亜種コシジロオオソリハシシギ2_a0382054_22095331.jpg


10月17日に撮影した画像です。



亜種コシジロオオソリハシシギ2_a0382054_22101598.jpg

by jq6lqr | 2019-10-23 00:03 | 野鳥

野鳥と風景を撮影しています。写真家 星野道夫さんの撮影した動物や風景と文章・言葉が好きです。星野さんに憧れるアマチュア カメラマン『星の指標』のブログです。


by 星の指標